LIFE OUTDOOR

長年愛用したロードバイクをピスト風にリメイクしてみる!【解体編】

ピストバイク
tebi
プラモデルもろくに作ったことがない不器用な私。長年愛用したロードバイクを解体してピスト風に自転車を組み立ててみようと思います。

無謀な挑戦のようだが好奇心だけでチャレンジしてみることにする。

そう、気まぐれな大人の図工の時間です!

自転車に詳しい方はイライラすると思うので見ない方がいいかもしれません。あしからず(^^;;

まずはどんなバイクを目指すのか、、、完成形のイメージを持って目標に近づけて行こうと思います。

テーマは、「クラシックな趣で、街乗りにお洒落なピストバイクに変身させる」

こんな感じにできたらいいなぁ。。。

いわゆるロードバイクのシングル化!

どんな感じに仕上がるのか、、、はたまた仕上がらないのか、、、どちらにしても楽しみだ (^^)

 

ところで、ピストってなんだ!?

ピストバイクとは、、、

簡単にいうと見た目はロードバイクで、変速ギアがなく、本来ならブレーキもない自転車。

とてもシンプルな自転車です!!

ん??

じゃ、ブレーキが無いってどうやって止まるのよ!?

そんな疑問が出てきますよね!

固定ギアと呼ばれる逆回転しないギアを装着していて、止まりたい時はペダルを逆に踏んでブレーキをかけます。ちなみにドリフトのようにブレーキをかけながらタイヤを滑らす技をスキッドと呼ぶそうです。

どちらにしてもブレーキとしての役目は不十分で、制動距離が長くなるため、現在では公道を走る時は両輪ともにブレーキを装着しなければなりません。

さらに固定ギアの場合、坂道などでスピードが出た時も休むことなくペダルを回し続けなければいけません。足を止めるとブレーキになるので乗りこなすには慣れが必要だ。初心者には固定ギアよりも空回りするフリーギアを装着するのが望ましい。

とにかく、

ピストバイクはシンプルでカッチョいいロードバイクのような自転車なのだ!

 

まずは解体してお掃除を!

愛用のロードバイクは、Bianchi IMORA チェレステカラー。

もうだいぶ古いモデルなのだが、フレームがとにかくお洒落で気に入っている。

実は派手に転倒して以来1年以上メンテナンスもしないで駐輪場に放置していた。。。

イモラ

もう乗るコトはないかなと思い、新しい自転車を買いに行くも、IMORAのことがどこかで気になっていた。。

とりあえず、壊れたIMORAにケリをつけよう!と今回の挑戦に至ったわけだ。

長い時間放置してしまったが、、、大好きなフレームを復活させたい!!

気持ちが高ぶってくる。

まずは古くなったパーツを全部外してフレームを磨き上げよう!

工具がない!!

自転車の解体はもちろん、メンテナンスもろくに自分でしたことがないもんで、

工具を持ってない。。。

自転車メンテナンスには六角レンチが必要だという話は聞いたことがある。

工具を揃えるところからやらなきゃいけないほどの素人に、自転車がちゃんと組み立てれるのだろうか。。。

少し心配にはなるが、

「みんな初めは素人だったじゃないか!」と言い聞かせ、そそくさとホームセンターで工具を物色。調べてみるとボールポイント形状のものが使いやすいらしい。

より道具にこだわりたいならこちらをGET!!

レインボーがテンション上がりますねぇ(^^)

 

ワイヤーを切り、回せるネジは全部取り外し、フレームだけにすることをイメージしてせっせと作業を進める。

パーツ

もう後戻りは出来ないぞ。。。

パーツの名称も分からないまま、、、とにかく外せるものは全部外しまくった!

これで思う存分フレームを磨くことができた!

フレーム

次は....

外したパーツを交換もしくは再利用しながら実際にピスト風に組み立てていきたいと思います(^^)

 

-LIFE, OUTDOOR

© 2020 tebilog Powered by AFFINGER5