OUTDOOR

【ギア紹介】トレイルランナーがおすすめするレインウェア

レインウェア

トレイルランナーがおすすめするレインウェア【THE NORTH FACE / HYPERAIR GTX HOODIE 】

記録的な大雨で何もできない日々がしばらく続いた。

少々の雨なら気にしないのだが、最近は突然のゲリラ豪雨に見舞われることもあるので、里山に出かける時もレインウェアを持参するようにしている。

トレイルランナーであれば大雨の中、レースに望んだ経験もあるかと思いますが、質の悪いレインウェアだと不快感極まりない。

レインウェアの防水性は大事だが、もっと大事なのは透湿性だ。走っていればレインの内側から汗によるベタつきが発生してくる。その汗が抜けないことにはレインの内側は大惨事になるのです。

ミドルレースや24時間以内にゴールできそうなレースの場合は、コンパクトでそれほどハイスペックでないものでも良いが、100km以上のロングレースに出る時はやはり信頼のおけるゴアテックス 素材のレインウェアを持っていきます。

最近は、

ゴアテックス 生地を使わない優秀な防水素材のレインウェアもいろいろあるので、用途に合わせて使い分けるのもいいかもしれない。伸縮性があったり、軽量・コンパクトになるものは使い勝手が良いと思います。

そもそも

レインウェアで大事なのは、防水性(耐水圧)透湿性だ。

防水性(耐水圧)の目安は、

10,000mm以上あれば大雨でも十分な数値で、一般的な傘で300mmだそうな。。。

透湿性の目安は、

蒸れにくさは8,000g/m2/24h以上〜、ベトつきにくさは10,000g/m2/24h以上〜

と言われています。

ゴアテックスは耐水性25,000mm以上、透湿性15000g以上というから信頼度は高い!

逆に弱点は、

生地に伸縮性がなくごわごわしてコンパクトになりにくいことと、なんと言ってもお値段が高いこと(^^;;

そんなゴアテックスだが、今までの常識を打ち破った軽量・コンパクトになる最高のレインウェアを見つけた。

なんと、ゴアテックス のメンブレンが剥き出しの新素材 GORE-TEX SHAKEDRY だ。

それがこちら

↓↓↓↓

f:id:racinvan-tebi:20190405114006j:image

THE NORTH FACE / HYPERAIR GTX HOODIE ハイパーエア GTX フーディ

トップアスリートと共にゴールドウインテック・ラボで研究を行い、独自技術でした、トレイルランニング専用の防水シェルです。素材は、防水膜のメンブレンがむき出しになった、SHAKEDRY™プロダクトテクノロジーを採用したGORE-TEX PRODUCT。表生地を無くし、メンブレンとライニングのみの2層で仕上げることで、表生地が濡れることによる「重量増加と透湿力の低下を軽減する」という新しい考えの構造です。トレイルランニングパックの上から羽織ることができる特殊パターンを採用。ベンチレーションを兼用した内部へのアクセスファスナーのみを配備した、走るための機能を追求。フードには、軽量で繊細な形状記憶機能に優れるワイヤーをツバに封入し、雨天時のフード形状をしっかりと維持します。手の甲まで覆うハンドカバー仕様。アスリートキットシリーズのユニセックスモデルです。

GORE-TEX SHAKEDRY を採用した2層構造のレインウェアである。

(GORE-TEX SHAKEDRYは、耐水圧50,000mm以上、透湿性98,000g/m2・24hrs(JIS L-1099B-1法)(参考値)と驚くべき数値だ。。。)

本当に驚くべき数値!!!

表生地がなくメンブレンむき出しの構造となっているので、

仲間うちでは、「枝に引っ掛けたら一発で破れるなぁ。。」

と、はじめは耐久性が心配で手を出すことができなかったシロモノ。。。

しかし、破れたとの噂もなく、マイナーチェンジする毎に擦れの対策もなされているらしい。

f:id:racinvan-tebi:20190405142131j:image

私の身長は163cm、体重57kgでMサイズがちょうどよかった!

背面に大きくマチを設けているからザックもスッポリ包み込んでくれて、

シルエットも美しい!

f:id:racinvan-tebi:20190405142244j:image

最近はザックの上からレインウェアを着るスタイルにしているので、私にはピッタリだ。

胸ボトルの水を飲むときは、

f:id:racinvan-tebi:20190405142330j:image

鎖骨あたりから大きく伸びたファスナーを開けると、

f:id:racinvan-tebi:20190405142236j:image

簡単にボトルにアクセスすることができる。

f:id:racinvan-tebi:20190405142240j:image

まるでキャップを被っているかのようなシルエットになるフードにもひと工夫あり。
f:id:racinvan-tebi:20190405142232j:image

ツバの部分に形状記憶のワイヤーが入っているらしく、

f:id:racinvan-tebi:20190405142326j:image

カタチが崩れない!!

これなら前方からの雨も避けてくれ、前が見えやすそうだ。

フードの調整は後頭部のハチ上にドローコードがあり、
f:id:racinvan-tebi:20190405142322j:image簡単にサイズ調整もできる。

因みにザックを背負ってない時の見え方は、

f:id:racinvan-tebi:20190406101411j:image
f:id:racinvan-tebi:20190406101415j:image

f:id:racinvan-tebi:20190406101407j:image

ルーズフィットな感じにはなるが、 ダボダボ感はない。

表生地が無くとも、10リットル程度のザックの重さであれば、上に背負っても擦れは大丈夫ということだ。

少々高額商品にはなるが、雨の時のストレスを軽減してくれる要素がたくさん詰まっているレインウェアなので大満足している。

これからレインウェアをお探しの方は、ぜひ候補の一つとしてみて欲しいと思います。

 

アドバイス

レインウェアにはお金をかけるべし。

-OUTDOOR

© 2020 tebilog Powered by AFFINGER5